「ミーラインソフィア」-絵本と生命の知識- ブログページ

ミーラインソフィアのブログページです。
心霊学や体験談もとに絵本や言葉で、より楽しく生きる価値観をご提供できればと思います。
子供~学生から、お子さんを持つ大人のみなさんまでお気軽にごらんください(*^^*)

〇HPはこちら(制作途上)
http://mirainsophia.net/

2章 その14 「肉体は精神によってデザインされました」

次は物的次元、私たちの肉体のお話です。
肉体については医学や研究によってある程度わかってきていますが、ここでは心霊学っぽく、みなさんがあまり知らない話題にしましょう。


さて、みなさんには肉体がありますね。この肉体、いろいろと疑問に思うことはないでしょうか。
たとえば、持っている肉体は人それぞれ違いますし、先天的な病気を持っていることもあります。そうなると、「どうして私だけ、こんなに苦しむの?」と嘆いてしまいますね。先生だって、もっとこうだったら! と思うことはあります。


では、肉体とはどうやって造られたのでしょうか。もちろん、遺伝子によって造られました。お父さんとお母さんの遺伝子の合体によって、どういう因子を受け継ぐかは決まります。ですので、おおまかなデザインそのものは遺伝子のものです。顔が両親のどちらかとそっくりな人って多いですよね。二人の遺伝子をもらったのですから当然です。


しかし、何事もまず霊が起源です。この世のすべては、高い次元から低い次元へと顕現していく性質を持っています。すべてが霊的次元から発生し、精神的次元に表現され、物的次元へと顕現していく習性を持っています。
実は肉体を生み出す時、私たちの本当の意識である霊は肉体の創造に立ち会っています。これから送る人生に必要な能力と条件を付与するために守護霊さんたちと一緒に自ら肉体をデザインをしています。


先天的な病気(による苦しみ)が人生に必要な場合、この段階で肉体の遺伝子を操作します。肉体とはただの道具ではありません。みなさんの霊魂の外的表現、いわば写し身です。霊体の項目で、肉体に霊体の状況が反映するといいましたね。あれと同じく、肉体そのものが霊の本質を示しているのです。いわば、地上での霊の表現が肉体なのです。


ですから、生まれもって病気を持っている人、あるいは人生のある日、珍しい病気になる人などは、あらかじめ肉体にプログラムされていると思ってください。因果律は絶対ですから、その体験が人生において必要だから組み込まれたのです。
先生も実は一つこうした疾患を持っています。これによってどれだけ苦しんだことか。人によってはどうでもよいことかもしれませんが、その人にとっては最大の苦痛ということがあります。だからこそ意味があるわけですね。


さらに順序をたどっていけば、潜在的にそうした疾患の遺伝子を持っている両親を選んで生まれてくる、といえます。霊の行動は、常に地上の法則の制限を受けますので、そうした両親を選べばよいわけです。


ですので、みなさんが味わう肉体的な欠損や病気は、すべて自分の霊が自ら得ようとしたものなのだ、ということを忘れないでください。


先生もかつて親を恨んだこともありましたが、大人になって「ああ、自分にとってこれは救いなのだ」と気がついたものです。もしこの状況がなければ、きっと人生を誤っていたでしょう。人間は誰もが心が弱いですからね。誘惑に負けて人生を台無しにするより、はるかにはるかにありがたいことだったのです。


ここでは、肉体は霊と精神の反映である。と覚えておきましょう。そこに自ら選んだ両親の遺伝子の制限が加わって造られたのです。