「ミーラインソフィア」-絵本と生命の知識- ブログページ

ミーラインソフィアのブログページです。
心霊学、スピリチュアリズムをもとに絵本や言葉で、より楽しく生きる価値観をご提供できればと思います。
子供~学生から、お子さんを持つ大人のみなさんまでお気軽にごらんください(*^^*)

〇HPはこちら(制作途上)
http://mirainsophia.net/

2章 その18 「人間は宇宙にたくさんいる」

この章の最後を飾るのは、やはりこの話題だと思います。


みなさんは人間が地球だけの存在だと思っていませんか?


テレビや雑誌を読んでいても、宇宙の話題で聞くのはいつも真っ黒な宇宙の話ばかり。何もない惑星の情報ばかりで、地球は唯一の生命の星だなんて言っています。


いえいえいえ!!!
そんなことは絶対にありません!!


いったい誰がそんなことを言い出したのか、まったくもって不思議なくらいおかしい話です。これこそ地球人の傲慢であり、自らの考えの浅さを示しているようなつまらないお話なのです。


そもそも人間とは、物的体験を経て神に近づいていく存在だと言いましたね。地上的振動数の世界に生を受けて、そこで体験を積んで成長していく。これが人間です。私たちがヒトと呼んでいるものは、あくまで地球という惑星上で生活するために生まれたものであって、「ヒト=人間」ではないのです。



さて、この人間、実は宇宙に山ほどいます!!


それはもう、そのへんの惑星にごろごろ山ほど、ごろっとたくさん埋もれているくらいいます!!

宇宙は無限に広いので、どこかに人間と同じ存在がいる、というレベルの話ではないのです。この太陽系にしても火星や木星などにもたくさんいますし、地球レベルの星も一億個以上あるそうで、そこにはみんな人間が暮らしています。


え? 火星人なんていない? 木星人なんてシロッコくらいしか知らない? いえいえ、クロスボーンを忘れてはいけませんよ!


と、話は戻って、みなさんはもうお忘れですか。物的世界といっても、その振動数はそれぞれ違うのです。チャンネルが一つずれただけで、まったく違う世界がそこに生まれるのです。ガンダムの木星人とかは、あくまで現在の物的世界で生きる人間が暮らした場合はそうなる、ということです。


たしかに私たちの肉眼では何もないように思えますが、惑星の多くには実際に人間が暮らしていますし、暮らしていたことがありました。また、これからまた暮らすことが決まっている星もあります。このように全宇宙で考えれば、それはもううじゃうじゃいるわけですね。神様はけっして地球だけに人間を造ったわけではないのです。


ただ、人間といっても、すべてが私たちと同じような身体をしているわけではありません。そもそも人間の定義は今述べた通りですので、物的体験を経る媒体ならば、肉体はどんな形でもよいのです。


私たちが両手両足、頭といった五体の存在であるのは、たまたまそれが地球という惑星で暮らすのに適しているからです。では、これが環境の違う星に暮らすとなればどうでしょう。重力が軽い星で暮らすならば、足は必要ないかもしれません。太陽が届かない一年中暗い星では、目は必要ないかもしれません。その代わりに、その星で暮らすのに必要な感覚が鋭敏になるかもしれません。


そもそも五体が必要ないガス状の身体になるかもしれません。


それでも意識があって、高度な知性があれば立派な人間です。むしろ、地球人のような形態をした人間のほうが少ないのではないかと言われています。そう考えると、地球人は少数派。地球で考えれば、人気(ひとけ)のない山に暮らしている少数部族程度のお話かもしれません。


しかも物的身体とはいっても、物質のレベルが上がっていくと、まるで霊体と見間違えるくらい精妙になっていきます。そうなるともはや霊人さんと同じくらいに自由に活動することができるようになる星もあるのです。そこでは地球のように物の束縛で苦しむことが少なくなり、私たちから見れば天国のような世界が広がっているわけです。



地球人は、自分たちが優れた種だと思っている節があります。生命が地球にしかいないと思っている人もまた、そうした傲慢の中にいるわけです。この傲慢さとは無知の証です。昔から哲学では「無知の知」という言葉があります。何も知らないことを知っていることこそ最大の知である、という意味です。自分は何も知らないから常に学ぼう、という姿勢があってこそ日々多様な知識を得ることができるわけです。


霊人さんからの情報で、地球は太陽系で二番目にレベルの低い惑星だということが判明しました。


それはそうですよね。いまだ人類同士で争っていますし、貧困や差別がありふれている世界。こんな星が優れているなど、そう考えるほうがおかしい話です。他の星の人間は、地球の惨状を哀れんでいるくらいです。一部の霊人さんには


「地球は、病人が送られる治療施設」


とまで言われています。

つまり、心の病気になった人が送られる精神治療病院である、という意味です。


霊として未熟で、自分を制御できないばかりか相手を思いやることができない病人が、周りに迷惑をかけているので病院送りになった。そこが地球である、と。残念ながら地球はそれくらいのレベルなのです。


先生はこれを知った時、「そうだよな! そうだよ!」と感動しました。だって、こんな世界が高級な世界だったら幻滅ですよね。先生が理想として考えている世界とは、あまりにも違いすぎます。
ですから、未熟な世界であると知った時の感動は計り知れません。それはつまり、さらに美しいものがたくさんあることを示しているからです。それは希望となります。


たとえば木星。今のところの情報では、木星は高級な星として認識されています。地球で経験を得た(地球の中で)優れた霊が、今度生まれ変わる場所を木星にする、という話も聞いています。


そこは高級な世界なので、誰もが聖人と呼べるくらい素晴らしい人格を持っています。飢えや物的苦しみも存在しないというレベルになっているでしょう。誰もが分け合い、思いやることができるからです。


地球も本来、こうした世界にすることができます。すべての人が愛を抱くことができれば、そんなに難しいことではないのです。それができないから、二番目に劣った星なのです。



一応、私たち地球人と同じ振動数の似た身体を持っている人間もたくさんいます。その場合は、肉眼で見て、手で触ることもできるでしょう。その振動数が合った世界の情報が肉眼に映るというわけです。


となると、今の地球と同じ振動数の存在だけが人間には見えます。それ以外は精妙すぎたり濃密すぎたりして見えないのです。だからいないように思えるわけです。


かつて火星人は、地球人と同じレベルにあったそうです。ただ、その時の地球人はまだ文明レベルが低くて、彼らの呼びかけに応えられない状態だったといいます。その後、彼らの振動数が変化していき、今では両者は接点がない状態になっているそうです。



このように人間は宇宙にたくさんいます。もう数えることはできないほど多くいます。そのすべてを神様が生み出し、管理している。これはすごいことですね。星空を見て、そこに暮らしている無数にいる同胞たちに想いを馳せるのも素敵かもしれません。



さて、ひとまず人間の項目はここで終わります。
ちょっと言い過ぎた感があるくらいやってしまったので、先生も少し反省です。

次はみなさんがもっとも知りたいであろう「この地上に生きる意味」を新章で述べていきましょう!!

この世界には、ちゃんとした生きる意味と価値があるのです!
それを知ることで地上生活の苦しみを少しでも和らげることができるのです。







2章 その17 「人間と天使」

人間という存在を知るうえで、天使という存在を知っておきましょう。
ついに出てきましたね、天使さん。みなさんも興味津々といったところでしょうか。ここでは人間が何かを知るために少しお話いたしましょう。


よく神話で天使が出てきますね。一概に全部間違いではないので難しいところですが、天使は実在しています。


一番簡単な人間との違いが、彼らは物的体験を得ないで成長する霊的存在である、ということです。


そもそも人間とは、地上に生まれて物的体験を経て成長する存在として神様に造られました。一方の天使は、肉体を持たないで成長できるように神様に造られています。最初から霊の世界で暮らしている存在なのです。


霊界の上層部では、創造された時から光輝く存在としての天使がおり、神様から与えられた任務を果たしているといいます。


えー、そんなのずるい! みなさんがそう思うのは仕方ありませんね。今まで述べたように、肉体とのギャップで苦しんでいる人間からすれば、地上生活はつらいことばかり。良いことなんてないように思えます。
でも、次の章でお話しますが、肉体で生活することにはメリットがあるのです。ある意味において、人間は恵まれている存在でもあるわけです。そもそも生命に優劣はありません。それぞれに役割がある、と覚えておきましょう。



一般的な天使の主な役割は、人間の成長の手助けと、自然界の成長維持、それと法則の管理です。


天使は赤子である人間を手助けするように神様に命令されています。至る所で天使は人間を手助けしてくれるのです。たとえば人間が死ぬ際、シルバーコードを切る時にも死を担当する天使さんがいて、みなさんの霊魂が痛みを感じないように優しく保護してくれます。


人間の成長を手助けする天使さんは至る所にいます。病気の人に治癒エネルギーを提供している天使もいれば、危険から守ってくれる天使さんもいます。


こうした天使さんは、守護霊さんと同様に人間一人ひとりに付いて見守っています。神様にいわれて、みなさんを守るように導いているわけです。これは霊人さんの守護霊とは別の存在なのですが、人間には区別がつきにくいので誤解されやすいようです。


日本では仏教の影響か、進化した霊人さんを仏とか神とか言ってしまうのと同じで、キリスト教圏の人々は、霊的な存在は何でも天使と言ってしまいます。それで誤解が生じやすいわけです。天使の本を読むと、守護霊さんや指導霊と混同していることがありますが、一応別の存在ということです。


かつて、人間がまだ成熟していない頃は、天使が守護霊さんの代わりをしていました。その後、人間が進化していき、霊人さんが一定の数に達すると、守護霊の役目を彼らに任せることになりました。ですので、混同があるのも仕方ないことだと思いますね。ただ、今は守護霊さんはほぼすべて人間の霊人さんです。


この天使のことを守護天使と呼んでいます。彼らが守護霊さんと違うのは、みなさんの帳簿(成績表)をつけているところです。


えー!? ほんと!? 学校だけでも最低なのに、天使さんまで!!
みなさんがショックなのは仕方ありません。先生もショックです。


日本では、閻魔様のお話がありますね。死んだ後、罪が書かれた帳簿を見せられるみたいなお話です。これは事実というか、ちゃんと天使さんが帳簿をつけているのは間違いないようです。彼らは法則がしっかりと維持できているか監視する役目があって、みなさんの行動をしっかり見守っています。まさにお天道様は見ているわけですね。


でも、だからこそ平等なのです。小さな善行までしっかり評価されるのです。


ただ、今の社会のように責められることはありません。死ぬと地上での行いについてインタビューを受けます。それが正しいか間違っているかは、自分自身の判断に委ねられるのです。(でも、反省しないとやっぱり落とされちゃいますけど)


因果律のところでお話しましたが、大天使さんともなると法則の管理も行っています。法則が維持されるのは、神様がちゃんと見張りをつけているからなのです。彼らは休む必要がないので、神様の法則が完璧に守られるようにずっと管理しています。私たちからすれば、神様そのものと言ってもよいくらいすごい存在ですね。


これもよく聞きますが、ミカエルとかガブリエルとかいう大天使がいます。彼らも実在していて、ミカエルに関しては、悪の勢力と戦う軍勢の総大将という話です。これはべつに神話のお話ではなく、実際のことです。善と悪の戦いによってすべてが進化していくように神様が世界を創ったからですね。



また、自然界の成長、動物や虫、植物や鉱物を含めてすべてのものは、それを担当とする天使さんがいまして、神様の命令によって管理しています。
こうした天使さんを人間と区別して自然霊と呼ぶことがあります。自然界の仕事をする天使さん、という意味ですね。みなさんがよく知っている精霊さんや妖精さんというのも、この自然霊に該当する存在です。


自然界の現象、我々が物質として使っているものは、基本的にこうした造化の天使さんたちによって維持されています。彼らは分霊あるいは念霊と呼ばれる配下の精霊さんを使役して、地球そのものを構成しています。


よくアニメやゲームでも、地水火風の精霊さんが出てくるでしょう? たまにブームが来て、こうした精霊ものの作品をたくさん見かけることがあります。昔から大人気のネタなのです。
それもそのはず。実際にはちゃんと四大元素の精霊さんがいて、何か起こる際には彼らが力を使っています。たとえば火が起こる時、そこには火の精霊あるいは妖精さんが力を使っています。風が起こる際にも、水があるところにも。このように至る所に精霊さんの力は満ちているわけです。


これを総合的に考えると、地球そのものが自然霊の集合体である、と言うこともできるわけです。



ここで少し捕捉が必要かもしれません。


天使も、肉体を持たないだけで霊的な進化は普通にしていきます。すべての霊的存在は進化するように造られているからです。当然、意識があるので霊体も持っています。


べつに肉体を持たねば成長できない、なんて決まりはないのです。霊界においても普通に成長しますし、むしろそれが普通の状態です。天使には天使の進化の過程があるわけです。
人間とは仕事の関係上、進むルートが違うので別の存在に思えてしまいますが、その中身自体は同じ神様の子供であって、地球圏霊界を脱する頃には最終的には同じ存在となっていきます。


ここで補足を入れたのは、こうして成長する天使さんと、道具としての精霊さんは別に考えねばならない点です。自然現象を担当している精霊は、天使が生み出した念霊であって、それ自体は役目が終わると消えていきます。
それとは別に、ちゃんと自我を持つ妖精さんがいて、それが成長していくと天使になる、というわけです。昔話でも、桜の木の妖精さんとかいますね。そのように、彼らは植物などの進化を仕事としながら、そこで体験を得て成長していくのです。



このように一概に天使といっても、役割に応じて、それはもうすごい種類の存在がいるわけです。前回お話した動物の霊を管理するのも彼らの仕事です。天使さんは主に造化の仕事をしているわけですね。私たちが機械を造れるのも、地球の鉱物や物質があるからです。それを造っているのが自然霊さんたちです。


また、日本では天使のことを昔から龍神と呼んでいます。旧日本昔話でも龍が出てきましたね。(古いですか?)


彼らの霊体の本体は竜体と呼ばれていまして、まさに人間がアニメやゲームで見る竜のようなの姿を取ります。各地に龍や蛇の伝承が残っているのは、このためです。お天気を操る龍神さんは、雷や雨を降らすときに竜体を使います。霊視能力がある人は、ごくごく稀に空に龍の姿を見ることがあるわけです。こうして「龍神=雷・雨」という概念ができたというわけです。


天使と龍神の名称のどちらを好むかは、それぞれの民族や土地の習慣によるでしょう。そこに意味はあまりありません。彼らからしても「人間は私たちを自然霊とか呼ぶようだけど」程度のお話です。



さてさて、この龍神さんには、もっともっといろいろと面白い秘密が隠されています。でも、おそらくここでは不要なのでここまでしておきましょう。先生の体験上、こうした突っ込んだお話をしても、たぶんみなさんは理解できないでしょう。興味がある人は自分で調べてみましょう。


ここは、あくまで人間の項目です。人間が何かを知るうえで、最低限知っておくべきこととして書いておきました。
本当に心霊学は面白いことばかりです。世の中の秘密、それもごくごく一部にすぎないのに、これだけの面白さなのですからたまりませんね!


正直、人間が作った神話なんて現実の世界に比べたら、てんで幼稚なお話ばかりです。この世界は、もっともっと深く広いのです。ぜひみなさんもドキドキしてくださいね!!






2章 その16 「人間と動物は違います」

よく人間なんて動物と同じさ、とニヒル(死語?)な人は言いますね。サルやチンパンジーも遺伝子としては人間とあまり大差がないと言われています。


しかし、人間と動物は大きく異なります
その最大の違いは、があるかどうかです。


人間の肉体が地上の物質によって造られているので、そこだけ見れば動物と同じなのは当然のことです。動物も人間も、肉体は同じ地球の素材で構成されているからです。


ただ、人間には霊魂があります。人の本当の意識であり、神様の分霊である永遠に存在し続ける要素です。ここが大きな違いとなります。


人間は、霊的、精神的、物的な三つの要素でできていると言いました。今まで述べてきたものですね。一方、動物にあるのは精神的な分野までです。彼らは肉体的な欲求、いわゆる本能の欲求によって生きています。そこが人間との違いです。


でも先生、動物もすごく知性的な子がいるよ? 仲間同士で助け合うなんて、むしろ人間より優れているんじゃないの?


その通りです! 自然界の動物を見ていても、「仲間同士で殺し合うのは人間だけさ」とニヒル(死語)な人の言葉が聴こえてきそうで、実に耳が痛いです。しかしながら、人間が本気になればすべての存在に対しても慈悲を抱けるようになります。それは動物には不可能なことです。


しかも、よくよく考えてみると、人間はお互いに殺しあえるだけの知性を持っていることになります。それは本能を超えたところにある思考力を行使した結果です。それが悪い方向に出ているので、悪い結果になっているにすぎません。
一方の動物たちには、そこまでの判断力と思考力が存在しません。生活の向上のために、自ら物を生み出したり、アイデアを出すことはしないでしょう? そこが大きな差です。



動物には心霊能力も存在しますので、逆に考えれば精神的なレベルでもそれだけの知性と能力を有することができる、ということでもあります。


地上の人間の精神だけでも、これだけのことができているのですから、いかに霊的分野が驚異的かとも言うことができるのです。


動物が霊を持たない証拠として、動物は死ぬと個性(自分が自分だという個別的意識)を失ってしまって、各種族ごとの全体の意識と融合してしまいます。


動物とはいえ、せっかくの意識が消えてしまうのは残念ですが、それはそれで価値があります。種族ごとの霊(類魂)というものがあって、個別的意識は残りませんが、人間とは別の独自の進化を遂げていくために役立つわけです。


ただし、例外もあります。今述べたのはあくまで自然界の動物の事例。野生で暮らしてる熊さんやサバンナのライオンさんなど、人間の手が加わっていない子たちです。一方、いわゆるペット、人間の愛情を受けた動物は、肉体の死後もしばらくの間だけ個性を持続させることが可能となっています。


唯一、人間と一緒に暮らした動物だけ、個別的意識を持続させることができるのです。ペットに与えるのは、愛情です。可愛くて可愛くて、毎日強い愛情を与えていきます。その愛とは、単なる精神的オーラではなく、霊的な分野に属する波動なのです。


こうした波動には創造力があり、動物の進化を促すことができます。それによって一時的に進化が加速した動物は、霊的な次元でもある程度の間だけ個性を持続させることができるのです。
これも簡単なお話。神様の分霊である人間は、神様の創造の能力をミニチュアの状態で持っているわけです。少し言い方はあれですが、神様の真似事ができるわけなんです。


よく植物に話しかけると成長が速くなるとか聞きませんか? これも波動の原理が影響しています。こうした能力は霊的存在特有の力で、影響力を行使した結果というわけです。


こうして人間が愛を与えると、動物のレベルが一段階引き上げられ、いわゆる幽界と呼ばれる霊界の下層部まで個性を存続させることができるようになります。人間が日々愛を与えることで、彼らに一時的な意識の入れ物を造ってあげていると言うこともできます。


ですから、もしペットが死んでも、自分が死んだあとには普通に会えるので安心してください。しかもその時には、テレパシーで動物とお話することもできるでしょう。


その知性にみなさんもきっとびっくりするはずですよ!
実際に死んでからペットに会った人は、猫ちゃんの言葉があまりに普通なのでびっくりしたりします。「あまり無理をしないでね」なんて言われたら感動しちゃいますね。


動物は人間とは違いますが、とても大切な仲間なのです!
ただ、その上位者である人間には、彼らを守り、愛を与えて進化を促す役目があるのです。