「ミーラインソフィア」-絵本・童話・生命の知識- ブログページ

ミーラインソフィアのブログページです。
心霊学や体験談もとに絵本や言葉で、より楽しく生きる価値観をご提供できればと思います。
子供~学生から、お子さんを持つ大人のみなさんまでお気軽にごらんください(*^^*)

〇HPはこちら(制作途上)
http://mirainsophia.net/

不満は常に自分の中にある

何かに不満を抱いたとき、たいていの場合は自分の中に問題があります。


そのときはそう思えなくても、すべては自分への不満であることが多いのです。


人間の性質上、何かあると大きな視点から物事を言いたくなります。
たとえば、無駄な消費を見て「今困っている人がいるのに、なんて勿体無いことを!」と思ったりします。


それが倫理観や、道徳観から見ていればよいのですが、
特定の人の行動が目に付いたり、妙にむしゃくしゃしたりしていれば、
それは間違いなく自分への不満が表面化した証拠です。
この場合、原因は自分への不満にあります。


極端なことを言えば、人間というのは常に「建前と本音」を常時使っています。


それは地上で生きている人間ならば、至極当然で普通のことですから
自分はなんて卑しいんだ、とか思わなくて大丈夫です。


ただ、これを知ることで、自分の大義名分による相手への攻撃の大半は、
自己の欲求不満から来ていることがわかります。


私も、この社会をよりよくしたいのは、自分がそのほうが都合が良いからです。
ある意味では、自分が楽になりたいから、もっと社会を良くしたいと思っています。
貧困をなくしたい理由が、自分がもっと物的に豊かになりたいから、でもよいわけです。


大切なことは、何かに苛立ちを覚え、それに対して大きなことを思ってしまったとき、
一度冷静になって自分の現状を分析してみるとよいでしょう。
すべての原因は、必ず外ではなく内にあると気が付きます。


そうなると、他人への攻撃をしないで済みます。


ここが重要です。


「あいつは、こうで、こうだから、ほんと最低なやつだ」


というのは、まるで意味がない批判です。
その人が重要な職についていて、どうしても批判しなければいけない場合を除いて、
たいていの場合は、自分の中でけりをつけるほうが妥当であり、
そのほうが正しい場合がほとんどです。


結局、他人は他人の責任で生きています。


仮にその人が間違った行為をしても、責任を取るのはその人です。
社会が責任を追及できずとも、神の法則によって罰せられます。


そう、これがあるから平等なのであり、自分は他人の成長に責任を負わない、というのが大原則なのです。
だから、他人を許せるわけですね。
言ってしまえば、「あーあ、後で痛い目に遭うのに・・・かわいそうに」と思えるわけですから。


もし冷静になれない場合は、運動するのがよいでしょう。


無心で有酸素運動をしていると、だんだんと心が落ち着いてきて、
一種の瞑想状態になることができます。


自分の中にある、黒いものを吐き出すイメージで、ひたすら呼吸をしていると、徐々に胸のつかえが取れてくるはずです。


もしあれなら、神様に祈ってもよいです。
「神様、どうか自分の中からこの感情がなくなりますように」等々。
文言は自由で大丈夫です。


また、瞑想やら祈りというのは、
座禅のように黙って座っていなければできないわけではありません。
インディアンしかり、踊りながらハイになる(その状態に至る)ことはできるので、
それぞれ自分に合ったやり方を試すとよいでしょう。


不幸であれ幸運であれ、すべての原因は自分にあります。
そして、自分の行動と気持ち次第で、今を自由に制御できるのです。
物的環境は変えられずとも、心は常に自分で支配できます。


幸せとは、心の落ち着き、安定です。
自分を常に制御できれば、その人が貧乏で孤独でも、最高の幸せものなのです。
たしかに地上で見れば、その状態は寂しく見えるかもしれませんが、
心の世界、霊界に赴けば、その人が偉大であることが一目でわかるでしょう。


欲は抑えられませんか?

すべての人間には、欲求、欲望というものがあります。
でも、それらの欲求のほぼすべて、特に悪い意味での欲求は


肉体意識によってもたらされている幻のようなものです。


人間の本当の意識、霊というものが、肉体を維持するための
動物的本能に縛られていることによって生じるものです。
これについては人間の項目で少しお話しましたね。


これが強力なものであることは認めます。
たしかに抗い難いものです。
それと同時に、これがないと生存できないことも認めます。


でも、抑えることはそんなに難しいことではありません。
動物的な欲求ばかりに意識が向いている弱い人には難しくても、
ある程度の経験や衝撃を得た人には、そこまで難しくはありません。


しかし、それもやはり霊の経験値なのかもしれません。


先生は時々、それができる人とできない人の差は、
けっこうあるのではないかと思うときがあります。
個人的には、地上人の人間の進化の差は、あまりないと思っています。
ただ、たとえば欲求を抑えられる人間、あるいは真理に目覚める人間は、
明らかに人生をできない人よりも多く経験しています。
いわゆる再生、生まれ変わりを経験している、ということです。


とすると、再生して成長した霊でさえ、この程度の差しかないとなると


人間の進化というのは非常にゆっくりしたものであることがわかります。


それと同時に、その間には人生一回、二回分の差があると思うと
そこはなかなか埋められない差なのかもしれない・・・とも思うわけです。


ですが、この世はすべて因果律によって支配されています。
強欲な人間には、強欲に対する罰(結果)が訪れます。
結局のところ、誰かが一方的に得をするシステムにはなっていないのです。


なぜならば、神とは平等だから。


神は平等のシステムを作られました。
仮に地上で富を蓄えても、結局は霊界で苦労(清算)します。
ですから、最終的にはプラスマイナスゼロになるわけです。
唯一プラスになるものは、その人間の経験、霊の進化だけです。


それを知ると、欲求というものはあまりなくなります。


真理に目覚めるということは、肉体や霊が浄化されるということです。


自分を思い出し、霊の世界を基準で生きるということです。


これだけは覚えておいてください。
すべての物質、地上の富は無価値です。
あくまで物的世界で生きるためのものであり、
なおかつそれを持っている人には責任があります。


無欲な生き方。小さな親切を大切にできる生き方。地上のいかなる富でも、それに勝ることはできないのだと・・・


どうか後悔しないように生きてください。
すべては霊の世界での栄光にあります。
地上は一瞬ですが、霊の世界は永遠だからです。


でも、お酒や暴食がやめられないように、
一瞬のために人生を壊す人がいることも知っています。
それでも霊である以上、いつかは知ることになるのです。


与える者は与えられる。
あなたがして欲しいことをしてあげなさい。


この黄金律は真実です。
どうか安心してください。







親切の経験値

今日のことを思い出して反省してみて、ちょっと悔しく思いましたね。


これは明らかに親切の経験値が足りなかったから起こった現象です。


親切の経験値とは、言葉通りに親切の熟練度です。
普段から多くの親切を施して対応に慣れていれば
あらゆる場面でも余裕をもって対処できます。
まあ、何にでも通じる簡単な理屈ですね。


普段から道を訊かれれば(近ければ)一緒に行ったり
席を譲ったり、重そうな荷物や車椅子を持ち上げたりと
みなさんが普段やっている親切は体験しています。


今回に関しては電車という時間的制限があったことと、
なおかつ私もちょっと大きな用事でそこに向かっていたため、
その中で適切な親切を行うための余裕を保てませんでした。
その意味において私は未熟であったと思うわけです。


私はどちらかというと理論や考え方、思想のほうを重要視して、
まずその体系を作り上げることに熱中します。
それから実践をして修正していくのですが、
思えば実生活の奉仕や親切に関しては、まだそこまで多くの体験をしていないかもしれません。


そのせいか、最近は外に出るとかなりの確率で
そうした場面に遭遇する気がします。
明らかに年々増加傾向にあります。


それはつまるところ、自分がそうした意識でいるからでしょう。


親切をしたい、何かしら貢献したい、弱者を守りたい、
そうした思いを抱いていれば、常にそうしたことに目を向けるので
所々にある問題に気がつけるということです。


たとえば、霊的真理に関して意識を向けている人は、
何事も霊の視点で考えようとします。
一方、物的なことに執着していれば、物的な観点からしか物が見られません。


もっと言ってしまえば、歯が黒ずんで悩んでいる人は
すべての人の歯が気になってしまって注視してしまう、ということです。


そして、神という存在は、実のところその人の願いをけっこう叶えてくれています。
相応しい力、知識のある人には、その人が望む貢献をさせてくれます。


特に世の中のためになること、人の役に立ちたいと願う欲求に対して、神が何もしないことはありえません。



母親が杖を持ったら、色々な人が親切にしてくれるようになったと言いました。


本当は誰もが誰かに親切にしたいのです。


ただ、多くの人は親切をしたいのだけれど、
本当にその人に必要かどうかわからず尻込みしてしまっているにすぎません。
そこに杖というシンボル、はっきりとしたマークが出ているので
気兼ねなく親切にできるようになったのです。


近年、社会形態や技術の発達によって、人と人の距離が開きやすくなっています。


これは他人との接触下手(べた)とでもいうべき状況です。


本当はそうしたいけれど、やり方がわからない、怖くてできない、
普段からやっていないので触れにくい、という現象です。


席を譲ったら断られて気分が悪くなった、というのも
親切の経験値不足による未熟性です。
これが慣れた人なら、すっと受け流すことができます。


日本が成長する過程で、一部の接触が衰退してきました。
これからはそうしたものを少し回復する時期がきているのかもしれません。


多くの人が街角の小さな親切を日常的にこなし、それを誇りに思い、親切の経験値を高め、さらに高度に発展していきます。


世の中は確実に再生の流れの中にあることは間違いないでしょう。



と、話を膨らませすぎましたね。


ちょっとした花の美を見て、宇宙の偉大さを語るのと同じことです。


だが、それがいい。


私も、もっと貢献できるように日々自己鍛錬を欠かさないようにしたいものです。
もちろん、霊的真理に関して、微々たるものですが力になりたいとは思います。


改めて言っておきますが、霊的知識を持っているからといって優れてはいません。
高度な知能を悪用する人間もいるのです。それは道具にすぎません。


それより、霊的知識は知らずとも、いつも誰かに親切を施すような人がいれば、その人のほうがはるかに立派だといえます。