「ミーラインソフィア」-絵本と生命の知識- ブログページ

ミーラインソフィアのブログページです。
心霊学や体験談もとに絵本や言葉で、より楽しく生きる価値観をご提供できればと思います。
子供~学生から、お子さんを持つ大人のみなさんまでお気軽にごらんください(*^^*)

〇HPはこちら(制作途上)
http://mirainsophia.net/

その3 「通信を送るってことは死んでいないのです」

こうして死んだ人からの通信は交霊会によって受け取ります。


と、死んだ人というのは失礼ですね。
だって普通に生きているのですから立派な人間です。


私たちは肉体だけを見て、生きているか死んでいるかを判断しがちです。
でも、自分が自分だと思うのは意識があるからです。


「これはボクだ」「これはわたしだ」という感情は
肉体から生まれるわけではないのです。


漫画で二人の心と体が入れ替わるお話を見たことがありませんか?
 そのとき自分というのは、やっぱり心があるほうを主体にしているはずです。


「女の子の身体って柔らかいな」
「男の子の身体って速く動けていいわ」


こうしたことからも自分とは心であることがわかりますね。
なので、死んだ人が通信を送るということは、生きているということなのです。


でも、なんか怖いと思ったみなさんは、まったくおかしくありませんよ。
誰だって見えないものは怖いですからね。


 またあとで詳しく述べますが、人間には複数の身体が存在していて、
死んでから使う身体というのがちゃんとあるんですよ!


ただ、それが空気のように、存在していても肉眼には見えないだけなのです。