「ミーラインソフィア」-絵本と生命の知識- ブログページ

ミーラインソフィアのブログページです。
心霊学や体験談もとに絵本や言葉で、より楽しく生きる価値観をご提供できればと思います。
子供~学生から、お子さんを持つ大人のみなさんまでお気軽にごらんください(*^^*)

〇HPはこちら(制作途上)
http://mirainsophia.net/

1章 その8 「神様は何も裁かない。愛の法だけを作りました」

前回、法則たる神様によって正義と公正が約束されている、と言いました。
ですが、ここをより詳しく言うと、


実は神様は何も裁いたりしません
ましてや人を裁くなどしないのです


あれれ? 言っていることが違うんじゃない?
神様が裁くから公正なんじゃないの?
みなさんの疑問は、まったくもってその通りです。


その疑問に答える前に、法則が何のためにあるのかを知らねばなりません。
すべてのルールにはちゃんとした意味があるものです。
信号があるのは、事故が起こらないためです。
みんなが焦らずにしっかりと順番で動けば安全だからです。
それと同じく、神様の法則にもちゃんとした意味合いがあります。


神様は、のために法則を作りました


神様は愛です。
法則と聞くと冷たい印象を与えますが、ここでも神様の性質を思い出してください。
神とは無限であり全知全能です。そして法則は物、精神、霊、すべてに存在しています。
ということは、神様とはすべての知識を持ちながら、当然ながら人間が求める愛や優しさも極限までもちあわせた存在である、と言うことができます。


つまり、神様とは究極の愛を抱く知的存在なのです。


それがあまりに強大で巨大なために、私たち人間には理解できないだけです。
たとえるならば、神様が人間だとすれば、私たちは蟻(あり)さんです。
蟻さんがパソコンやスマホを開発できるでしょうか?
蟻さんが天体の発見や、人間のような愛情を表現できるでしょうか?
どう考えても無理ですよね。虫と人間の間には、途方もないくらいの差があります。

人間は自分が優れた知的存在だと思い込んでいますが、神様と比べたらそれくらいの差があるのです。
だって、地球や太陽すら作ってしまう存在なのです。
宇宙を作ったり、ブラックホールを作ったり、もう完全無欠です!
いやいや、人間すら生み出したのですから、人間が神様に勝てるわけがありません。


その最高の叡智(えいち)を持つ神様が作ったのは、愛の法だけです。


※叡智(えいち)とは、とても頭が良くて優れていることです。
 特に優れた知識を正しく使っているときに使います。


これが、神様が愛だという最高の根拠です。
なぜ法則が愛であるかといえば、法則を観察すると、すべてが愛につながっていくからです。私たち地上世界でもそうですし、当然死んだ後で活動する霊界(れいかい)でもそうです。


特に霊界では、法則というものがありありと見えるようになります。
そこで霊人さんたちは、そのあまりの完璧な法則に驚くのです。
子供のみなさんはまだわからないかもしれませんが、人が成長していくと必ず愛に行き着くようにできているのです。動物や植物、自然に優しくすること、何よりも同じ人類に対して心から愛情を抱き、尽くすことを知ります。


考えてもみてください。
みなさんが赤ん坊の時、誰が世話をしてくれましたか?
お父さんとお母さんがいなければ、あるいは家族のみんながいなければ赤ん坊はすぐに死んでしまいます。
そこにあるのは、自分より弱い者への愛情、優しさという素晴らしい感情。
そもそも愛がなければ何一つこの世界では生きてはいけません。


神様が作った法則とは、ただただ愛を学ぶための法則なのです。
神様にとって人間は子供と同じです。子供が成長できるように法則を用意してあります。みなさんが学校で勉強するのは立派な大人になるためですよね? それと同じです。
立派な大人になるということは、みんなで楽しく生きるために助け合うことです。それが社会というものですからね。


では、神様が作った公正とはどういうことなのか。
それを次に見ていきましょう!